中性型水系剥離剤「STRIPPER」発売!

鋼構造物の旧塗膜には鉛、クロム、PCBなどの有害物質が含まれている物があり、厚生労働省労働基準安全衛生部より「鉛等有害物質を含有する塗料の剥離やかき落とし作業における同労者の健康障害の防止について」の通達が2014年5月に出され、鉛中毒予防規則及びその他各種法令に従い、有害物質を含む塗膜除去としては「必ず湿潤化して行う」事を求められている事により、近年、素地調施工(ケレン作業)前に、塗膜除去工を行う事が標準化してきています。また、有害物質含有塗膜の問題とは別として、作業効率を向上させる事が可能な事より、コンクリート防食塗装や建築工事ではプールの塗膜除去でも剥離剤工法が採用される事も多くなってきています。

その中、弊社も剥離剤の開発に着手し、約3年間のテスト&トライの改良を続け、剥離力、作業性、安全性、環境配慮に優れ、剥離剤工法後の塗装に影響の少ない中性型水系剥離剤の開発に成功しました。また、土木鋼構造物用剥離剤ガイドライン(案)で求められたいる塗膜剥離剤の品質適合性試験の基準に対し、評価機関にて余裕を持ってクリアできる実証をして頂き、この度、後発組だからこそ様々な課題要素を考慮した、中性型水系剥離剤ECO 製品名「STRIPPER」として、発売させて頂く事になりました。

STRIPPERの剥離力

・旧塗膜の状態によっては0.50kg/uでも十分な剥離力を発揮させる事が可能。

・塗布後の初期塗膜軟化反応を抑え、塗膜内部へ深く浸透させる事により、多くの塗膜を除去させる事が可能。

作業性

・塗布量0.50kg/uでは少なく、1.0kg/uでは多すぎる事が多いと言われる実情の中、無駄の少ない0.70kg/u(ロス量別)を標準塗布量として設定。

・他環境配慮型剥離剤と比べ塗布後にタレを生じ難くいため塗膜除去対象物に対し均一な剥離効果を得る事が可能。

・塗膜除去対象物の構造、塗装系、塗膜厚を部位毎に考慮し、標準塗布量0.70kg/uの中で、0.50kg/u〜1.0kg/uと状況に合わせた効率の良い作業調整が可能。

安全性

 ・特定化学物質「ジクロロメタン」を含まず有害性が少ない。

 ・水系剥離剤の中でも本製品は過酸化水素を含まず有害性が少ない。

 ・水系のため人体への影響が少なく、非危険物として取り扱い可能。

 ・中性型水系剥離剤ECO「STRIPPER」の引火点150℃。

 (土木鋼構造物用剥離剤ガイドライン(案)の引火点基準値93℃以上)

環境配慮

 ・特定化学物質「ジクロロメタン」を含まず有害性が少ない。

 ・環境保護の規制対象化学物質を含まないためPRTR法非該当

 ・水系のため、臭気が非常に少ない。

 ・ブラスト処理と比べ産業廃棄物量を大幅に削減させる事が可能。そのため、処理コストの削減に貢献すると共に、 産業廃棄物の運搬や処理に従う二酸化炭素排出量を抑制する事が可能となるため、近年、問題視されている地球温 暖化現象等への影響をも抑制させます。 

 ・平均生分解度95%(最大値99%)

 (土木鋼構造物用剥離剤ガイドライン(案)の平均生分解度基準値60%以上)

 ・魚毒性96時間LC50 540ppm540mg/L
(土木鋼構造物用剥離剤ガイドライン(案)の魚毒性96時間LC50の基準値10ppm以上)

 ・オオミジンコによる48時間 急性遊泳阻害試験: 遊泳阻害率  0%
 48時間半数遊泳阻害濃度(EC50):150mg/LによるOECD TG202による試験評価)
・藻による72時間成長阻害試験:成長阻害率 -2.1%
 72時間成長阻害濃度(EC50):150mg/L(NOEC)によるOECD TG202による試験評価)


いずれの試験結果も阻害率が極めて低く急性な阻害影響はありません。

カタログ表示・保存


中性型水系剥離剤 STRIPPER カタログ(表示:左クリック、保存:表示後、右クリック)

MENU

塗料コンサルティング

事業・サービス

資料作成・管理の代行業務

□資料書類作成業務

  提案書、企画書、積算資料作成

□ホームページ作成業務

  企画提案、制作、メンテナンス

□見本作成(ご検討、ご提出等)

 カラー意匠デザイン、配色見本等

□改善提案業務

  環境、コスト、品質、社内システム等